Git

Gitでブランチを切って開発する手順

Gitでブランチを切って作業する手順の大まかな流れです。
メインのブランチをmaster、作業をするブランチをdevとします。
準備
・メインのブランチ(master)に移動
git checkout master
・作業ブランチ作成 (dev はブランチ名)
git checkout -b dev

ブランチの切り替え
・現在のブランチと、他ブランチ名をチェックする
git branch
・ブランチの切り替え(dev ブランチに切り替える場合)
git checkout dev
--- 通常作業 ---
(作業ブランチに切り替えている状態で)
・現在のブランチにmasterの内容をとってきてマージ
(新規部分の作業のみならあまり必要ないが、masterにあるファイルを変更する前にやっておくと幸せ)
git merge master
作業中に必要となりえるgit操作
masterブランチとの差分を表示
(ファイル名のみ。masterで更新があるとそちらも差分として表示されるので、それを防ぐには先に上記のマージをしておく)
git diff --name-only master
---------------

新規ブランチでの作業完了時(masterにマージしてブランチを削除)
作業ブランチから、作業内容をマージ(add はマージしたいファイルをすべて追加すること)
・コミット対象に設定(ステージング)
git add ファイルパス
・確認
git status
・コミット
git commit -m 'コミットのコメント'
・マージ先(メイン)のブランチに移動
git checkout master
・事前にpull
git pull
devの内容をマージ
git merge --no-ff dev
・リモートリポジトリに反映(プッシュ)
git push
・(別のブランチに移動してから)不要になったdevブランチを消す
git checkout master
git branch -d dev

-Git

Copyright© F27P , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.